ソフトボール女子日本リーグ2部の大垣ミナモSCは17日、大垣北公園で1部リーグ所属の豊田自動織機(愛知)とプレシーズンマッチを行い、1-1で引き分けた。惜しくも勝利とはならなかったが、1部のチーム相手に互角の戦いを展開した。

 試合は今季加入したサラ・パウリーが粘り強い投球で5回を無失点。打っては四回裏2死一、二塁の好機で田沼華乃(大垣共立銀行)が先制打を放った。しかし勝利目前の七回表、3番手金丸侑志帆(JAにしみの)がつかまり、同点に追い付かれた。

 試合を終え、主将の平川穂波(西濃運輸)は「気持ちを前に、チーム一体となって良い雰囲気で戦えた」と笑顔。今季から...    
<記事全文を読む>