神奈川を含む7都府県に緊急事態宣言が出された4月7日以降、世の中は「ステイホーム」生活に突入した。横浜DeNAの社員もリモート勤務となり、チーム帯同スタッフを除き、選手との接触は禁止となった。

 「試合がない中、ファンにどんな情報を届けられるだろうか」。選手の近況を伝えづらい状況で、広報部を中心とした社員がオンラインでミーティングを重ねた。

...    
<記事全文を読む>