能美市出身のプロ野球中日ドラゴンズ京田陽太選手(26)から、中学時代に在籍した加賀地方の中学硬式野球チーム「白山能美ボーイズ」にバットとボールが贈られた。新型コロナウイルスの影響で、活動を縮小していたチームは十三日、本格練習を再開。憧れの先輩からの激励に、部員たちは「大会で良い成績を残して恩返しがしたい」と意気込む。(平井剛)
 
 チームは四月中旬から約一カ月間、活動を中止した。出場を目指していた多くの大会も中止や延期になった。チーム代表で、京田選手の後援会長を務める中町光教さん(66)=能美市緑が丘=が、目標を失いかけた部員たちのために「後輩を元気づけ...    
<記事全文を読む>