横浜DeNA4-3中日

 最後まで正捕手の座を諦めるわけにはいかない。先発起用の嶺井が複数安打の活躍で首脳陣に猛アピールした。

 六回のチーム初安打に続き、「チャンスの場面で積極的にいった」という八回1死三塁。R・マルティネスの初球を左前へシャープにはじき返した。6月の対外試合では打率3割3分3厘と打棒がさえている。

 「最終テスト」だったピープルズと坂本を好リードし、2人の評価を上げた。練習試合再開後、マスクをかぶった30イニングで投手の自責点はわずか5。首の張りを訴えて名古屋遠征を回避し...    
<記事全文を読む>