プロ野球は10日、各地で無観客の練習試合を行った。東北楽天はメットライフドームで西武と対戦し、1-1で引き分けた。
 先発涌井は立ち上がりから球威があり、4回2安打無失点と順調な仕上がりぶりをうかがわせた。2番手塩見は1-0の六回無死、山川(富士大出)に同点の左越えソロを浴びた。七回以降はブセニッツ、宋家豪、シャギワが強力打線を無得点に抑えた。
 打線は二回2死、鈴木大の右越えソロで先制。1-1の八回には1死満塁としたが、途中出場の銀次が遊ゴロ併殺に倒れ、好機を逸した。
 日本ハムは中田の3試合連続本塁打と清宮のソロなどでヤクルトに6-3で競り勝った。巨人...    
<記事全文を読む>