盗塁王3度のリードオフマンが足と頭脳で見せた。同点の三回1死二、三塁。中田は打ち損じて、内野へフライを打ち上げた。ヤクルト二塁手の山田が下がりながら捕球すると、三走の西川が迷わずタッチアップして生還。「風が強かったので、セカンドが捕っても投げられないだろうなと思ってスタートを切った」。珍しい「二犠飛」で決勝点が生まれた。

 一瞬のすきを逃さなかった。気象条件や野手の捕球姿勢などを踏まえ、確信を持ってスタートした。栗山監督は「考えて瞬間的に判断した。そこが素晴らしい」と絶賛。凡打が犠飛となり、打点を記録した中田は「あれはハルキの神走塁」と新主将を立てていた。<道新スポーツ6月...    
<記事全文を読む>