プロ野球の臨時12球団代表者会議が8日、オンラインで開かれ、全選手を対象に新型コロナウイルスへの感染の有無を調べるPCR検査を定期的に実施していくことを決めた。19日の開幕前に最初の検査を行うといい、斉藤惇コミッショナーは「安全な試合開催に向け、しっかり準備したい」と語った。
 監督、コーチ、スタッフも対象。開幕後は月に1度のペースで続けていくという。検体に唾液を用いる方法を採用し、民間の検査機関に依頼する予定。陽性が判明した場合は、隔離後の再検査で陰性が2度確認されるまで復帰を認めないなどの措置を取る。
 検査の費用は各球団が負担する。審判員も検査の対象とし、費用...    
<記事全文を読む>