少しでも気を抜いた球は通じない。プロ入り後、森下がここまで苦しんだのは初めてだろう。オリックス打線につかまり、五回途中を9安打、6失点で負け投手。「打者の入り(初球)をもっと工夫しないといけない」。試合後はこれまでになく意気消沈した表情を見せた。

...    
<記事全文を読む>