◆練習試合 西武-中日(5日、メットライフドーム)

 西武の新外国人、スパンジェンバーグが2試合連続本塁打となるソロを放った。

 

 4点を追う5回無死。藤嶋の低め139キロの真っすぐを本拠地のバックスクリーンへ運んだ。「得意なコースにストレートがきて、ミスショットせずに仕留めることができて良かった。すごくいい気分だね」と笑顔を見せた。

 再開された練習試合の初戦だった2日の巨人戦(東京ドーム)でも右翼席上部の看板を直撃する一発を放っており、2試合続けて特大のアーチを描いた。

...    
<記事全文を読む>