プロ野球は4日、各地で練習試合を無観客で行い、横浜スタジアムでは特別ルールで後攻として戦った東北楽天がDeNAに8-7でサヨナラ勝ちした。
 7-7の九回1死一、二塁で、内田が中前へ決勝打を放った。打線はこの日も活発で、一回に島内が先制の適時二塁打。1-6の三回は辰己の2点二塁打、茂木の右越え2ランなどで一挙5点を挙げた。
 先発辛島は3回6安打6失点と乱調だった。2番手津留崎、4番手安楽がともに2回無失点とアピールした。
 阪神がボーアの3試合連続本塁打などで広島に6-0で快勝。ロッテは福田秀がソロを放つなど9-3で日本ハムを破った。ヤクルトと中日は2-...    
<記事全文を読む>