新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動を自粛していた社会人野球の県内企業3チームが1日、再開した。川崎市内のグラウンドで再始動したJX─ENEOSは選手たちが練習前にコロナ禍の犠牲者に黙とうをささげた。名門再建を託され、6季ぶりに指揮を執る大久保監督は「自分たちはまだ会社やファンに何も貢献していない。

...    
<記事全文を読む>