西武の西口文也投手コーチ(47)が31日の分離練習後、オンライン取材に応じ、開幕ローテーションについて「大体見えてきた」と明かした。

 当初の開幕予定時には出遅れていた今井や新外国人のノリン、ドラフト1位ルーキーの宮川らが万全に。西口コーチは「投手陣(全体)を考えると(開幕延期が)プラスになったと捉えている。やはりいい方に考えたい」と話す。30日の紅白戦で3回をパーフェクトに抑えた今井について「プラスのプラス。それだけ自主練習期間中に練習してくれた」と高く評価した。

 6月2日の練習試合再開初戦、巨人戦(東京ドーム)の先発予定は高橋光。以降、開幕2カード目からの...    
<記事全文を読む>