東北楽天は31日、仙台市の楽天生命パーク宮城とウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で、8日に始めたグループ練習を打ち上げた。6月2日から首都圏で練習試合を行い、19日の開幕に備える。
 楽天生命パーク宮城では松井、岸らがブルペンに入って状態を確認。野手陣は主将の茂木らが打撃や守備の練習などに取り組んだ。
 三木監督は「2月の久米島キャンプの時のような新鮮な気持ちを思い起こそう。イレギュラーなこともあるが、逃げたり、言い訳したりせずにベストを尽くそう」と選手に呼び掛けた。
 練習試合は2日から14日までの間に12試合が組まれている。初戦となるDeNA戦(横...    
<記事全文を読む>