バレーボールV1女子の岡山シーガルズは28日、赤磐市の山陽ふれあい公園体育館で今季最後の全体練習を行い、V1で過去最高に並ぶ準優勝を飾ったシーズンを締めくくった。オフを挟み、6月9日に新シーズンに向けて始動する予定。

 例年は5月上旬の黒鷲旗全日本男女選抜大会(大阪)を終えると現地で解散してオフに入る。今年は新型コロナウイルスの影響で同大会が中止になるなどし、岡山でトレーニングを続けてきた。

 この日は午後に約5時間、汗を流した。“仕事納め”として、控えを含む24選手が入れ替わりながら実戦形式で練習し、新主将としてけん...    
<記事全文を読む>