バレーボールVリーグ1部(V1)女子のヴィクトリーナ姫路でオーナーを務める真鍋政義さん(56)が書面インタビューに応じ、新型コロナウイルスの影響でスポーツ活動の制限が続くトップ選手や中高生らにメッセージを寄せた。常にプラス思考を忘れず、2012年ロンドン五輪で日本を28年ぶりの銅メダルに導いた名伯楽らしく、「前を向いて、今できることを」と力強い。(金山成美)

 -ヴィクトリーナ姫路も従来通りの練習、業務ができない状況だ。オーナーとして心掛けていることは。

 「ファンやスポンサー、後援会の皆さまにお会いできない日々が続いているので、SNS(会員制交流サイト)で選手...    
<記事全文を読む>