「こどもの日」にちなみ、小学生とオンラインで交流したバレーボールVリーグ1部(V1)久光製薬の日本代表アウトサイドヒッター石井優希。新型コロナウイルスの影響で全体練習もままならない中、自宅でのトレーニングの様子やプレーの質を高める方法など、子どもたちからの質問に笑顔で答えた。

 石井はインスタグラムの生配信で、兵庫や福岡の小学生3人にバレーボールの上達法を伝えながら会話を楽しんだ。

 来夏に延期された東京五輪でも日本の主力として活躍が期待される28歳。近況について、自宅でボールを触って感覚を保ち、海岸沿いを走ることもあると報告した。

 「監督に怒られ...    
<記事全文を読む>