バレーボール女子日本代表の石井優希(28)が5日、所属する久光製薬のこどもの日企画として、チーム公式インスタグラムでライブ配信を行った。小学生以下の子どもたちと電話をつないで質問に回答。練習方法、技術面に関するアドバイスや、バレーボールへの思いについて語った。

 憧れの選手を聞かれ「学生時代は木村沙織さんでした」と明かした。いろいろなことに憧れた子どもの頃をエピソードも紹介。小学校の卒業アルバムの文集に書いたことについて「題名は『保育士になりたい』だったけど、最後にはバレーボール選手になりたいと書いていた」と笑った。

 現在はチームが活動自粛中で体育館が使えず、...    
<記事全文を読む>