日本ハンドボールリーグ(JHL)男子の琉球コラソンは21日、浦添市のANAアリーナ浦添(浦添市民体育館)でボールを使っての全体練習を行った。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除に伴い、自粛していたチーム練習を18日に再開。この日は練習を公開し、昨シーズン終了から約2カ月半ぶりにパスやシュートなど実践練習で汗を流すなど今季のリーグ開始に向けて本格的に動きだした。

 コート練習はパス回しからスタート。選手たちは投げ渡されるボールの感触を確かめながら、実践的な練習に励んだ。約2時間のトレーニングで、2組に分かれ、遠投でゴールを狙ったり、ロングパスからシュートしたりするなど加...    
<記事全文を読む>