新型コロナウイルス感染の危険性が拭えないとして、岡山県中体連は20日、7月下旬を中心に開催予定だった第58回県中学校総合体育大会を中止すると発表した。陸上やサッカー、卓球など計16競技が各地で行われ、約8千人の出場が見込まれていた。1963年に第1回大会が開かれて以来、中止は初めて。

 県内中学生アスリートが集い、3年生にとっては集大成となる大会。多くの競技が全国中学校大会や中国中学校大会の予選を兼ねているが、両大会とも既に中止が決まり、県総体の開催可否が検討されてきた。県中体連はこの日までに緊急の常任理事会などで協議し、感染リスクや休校措置に伴う部活動の休止で選手の準備が...    
<記事全文を読む>