コロナ感染症の拡大を受け、群馬県中学校体育連盟(清水淳会長)は19日までに、今夏に開催予定だった第55回県中学校総合体育大会の中止を決めた。1966年の第1回大会以来、中止は初めて。冬季の駅伝とスキー、スケートは引き続き検討する。中学スポーツを巡ってはこれまでに全国、関東大会の中止が発表されていた。

 県中体連は郡市や競技部の意見を聴取して開催可否を議論した結果、競技会場で「3密」(密閉、密集、密接)の徹底した回避は困難との意見が大勢を占め、選手や保護者、競技関係者の安全確保のため中止と結論づけた。3月以降の部活自粛により選手の体づくりなどが遅れ、今後休校が解除さ...    
<記事全文を読む>