女子車いすマラソンT34/53/54クラスの日本記録保持者である喜納翼(29)=タイヤランド沖縄=は東京パラリンピックの延期が決まっても、一切心が乱れることはない。レベルのさらなる向上へ「決まったからには次に向けてやるしかない。今までの課題を改善するため、目の前のトレーニングをひたすら続ける」と気を引き締める。競技を始めて7年目。短期間で国内トップにまで駆け上がった日本のエースに舞い込んだ貴重な1年。伸びしろはまだまだ十分だ。

...    
<記事全文を読む>