新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者を支援しようと、県内に活動拠点を置くプロや実業団のスポーツチームがオンラインゲーム大会を通じたチャリティーイベントを計画している。5月末の開催を予定しており、競技の垣根を越えた「オール神奈川」の取り組みとして注目されそうだ。

 サッカーゲームの腕前を競う「eスポーツ」の大会として実施され、プロ野球の横浜DeNAやJリーグの県内6クラブなど7競技15チームの選手が参加。大会の様子は動画配信サイトで無料視聴できる。

 企業協賛やインターネット上で寄付を募るクラウドファンディング(CF)、チャリティーオー...    
<記事全文を読む>