ラグビー元日本代表で、中部大春日丘高(春日井市松本町)ラグビー部OBの長江有祐選手(近鉄ライナーズ)らが十一日、春日井市役所を訪れ、マスク五千枚を寄贈した。

 同じく春日丘高ラグビー部OBで、昨年のラグビーワールドカップ日本大会で日本代表ナンバー8を務めた姫野和樹選手(豊田ヴェルブリッツ)と、リオデジャネイロ五輪の七人制ラグビー日本代表の彦坂匡克選手(同)に、長江選手が声を掛けて寄付が実現した。

 長江選手によると、昨年度末に市内の小学校で企画したラグビー体験教室が、新型コロナウイルスの感染拡大で中止になり、子どもたちのために何かできることはないかと考え、保育士...    
<記事全文を読む>