アスリートの「#おうちごはん」をのぞいてみたら…。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、活動が大幅に制限されている東京五輪を目指す選手たちも自宅で過ごす時間が増えている。そんな中で増えているのが、ステイホームの一環として自炊をする選手だ。スポーツ選手にとって体づくりに直結する「食」は大切な分野。再び躍動する日に備え、おいしい手料理で心身を整えている。(伊藤瀬里加)

   ◇   ◇   ◇

 バドミントン男子ダブルスで世界ランキング4位の嘉村健士(トナミ運輸)=佐賀県唐津市出身=は、会員制交流サイト(SNS)のツイッターに投稿している料理画像が話題を...    
<記事全文を読む>