高校ラグビーの強豪、航空高石川ラグビー部が7日までに、インターネットのオンライン会議システムを使って部活動を始めた。部員たちは臨時休校で全国各地の実家に帰省中。スマートフォンやタブレット端末の画面を通して約2カ月ぶりに「再会」したメンバーは、花園ラグビー場での日本一を目指し、ワンチームでトレーニングに励んだ。 

 オンラインでの部活動は4月30日に初めて行われ、休校中の部員54人全員と、トンガ出身のシアオシ・マアフ・ナイさん(30)らコーチ4人が参加した。

 帰省で全国各地にいる部員たちが公園や自宅などから端末の画面を通してつながり、腹筋や体幹、スクワッ...    
<記事全文を読む>