福岡市で開催される水泳の世界選手権の大会組織委員会は4日、新型コロナウイルスの感染拡大による東京五輪の延期を受け、大会日程を当初の来年夏から2022年5月13~29日に変更したと発表した。

 当初は21年7月16日~8月1日に開催することを決定していたが、新型コロナの影響で延期された東京五輪と同時期になるため、国際水泳連盟や大会組織委員会が日程変更を検討していた。

...    
<記事全文を読む>