サッカーJ2・東京ヴェルディが立ち上げ準備をしているハンドボールチームの初代ゼネラルマネジャー(GM)に、元日本代表主将の東(あづま)俊介氏(44)=金沢市出身、金市工高OB=が就任することになった。新型コロナウイルスの影響で厳しい「船出」は避けられないが、東氏は「故郷で出会ったハンドボールへの恩返しのためにもチャレンジしたい」と意気込んでいる。
 東京ヴェルディは総合型スポーツクラブとして、サッカー以外に野球、バスケットボールなど計15チームを運営している。ハンドボールチーム立ち上げ構想が浮上し、チーム作りのリーダーとして東氏に白羽の矢が立った。
 東氏は金沢市生...    
<記事全文を読む>