新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロゴルファーの上原彩子がこのほど、沖縄県に医療用のサージカルマスク千枚を寄贈した。

 県がマスクや医療物資の提供を呼びかけていることを知り「いま一番大変な医療現場に何かできることはないか」と考えた上原が、自身のスポンサーであり、医薬品の卸売りなどを行う共創未来グループに相談し、医療用マスク千枚を調達した。

 マスクは1日に、県新型コロナウイルス感染症対策本部に送付し、大型連休中に届いたという。

 今後、県内の医療機関に適宜届けられ、活用を予定している。

...    
<記事全文を読む>