県出身の女子プロゴルファー14人が、首里城の再建支援を目的に249万9307円を那覇市に寄付した。選手たちが自ら事務局を立ち上げ、寄付金を集めた。3月9日に開催予定だった「首里城再建応援チャリティーゴルフコンペ」は新型コロナウイルスの感染拡大により中止となったが、発起人の上原彩子が4日、取材に答え「みんなで協力することで、多くの人の首里城に対する強い思いが再確認できた」と参加費を寄付に回すことに応じてくれた賛同者、グッズを提供した他競技の選手らに感謝した。

...    
<記事全文を読む>