新型コロナウイルスの感染拡大で競技場での練習ができない学生らを励まそうと、陸上クラブ「アスリート工房」(譜久里武代表)は15日、陸上競技の国内トップ選手によるトークイベント「アスリート夢授業」をビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で開いた。東京五輪出場を目指す男子走り幅跳びの津波響樹(那覇西高―東洋大出、大塚製薬)や男子400メートルの木村淳(中部商高―中央大出、大阪ガス)らが参加し、自身の夢や練習方法などを語った。

 イベントは12日に続き2回目。初回は女子100メートル障害日本記録保持者の寺田明日香や、男子十種競技で2度五輪に出場した右代啓祐ら...    
<記事全文を読む>