リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(ミズノ)がオンラインによるインタビューに応じ、現状やアスリートとして今できることを語った。1年延期された東京五輪で3大会連続出場を目指す28歳のスプリンター。穏やかな人柄で慕われる日本短距離陣のリーダー格は、試合から遠ざかる選手や学生たちへ「考える力がついて、すごく魅力的な選手になっている」とエールを送った。

 (聞き手・森合正範)

 -現在の練習状況は。

 「トラックで走る機会が全くないので、スパイクを履くこともなく、家でできることをやっています。腹筋、腕立て伏せ、スクワット。チューブを使ったト...    
<記事全文を読む>