新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛が続き、ストレスを抱え込む人が増えている。健康への悪影響が指摘される中、自宅で簡単にできる運動を探している人も多いだろう。体づくりを熟知する陸上の強豪、ヤマダ電機女子中長距離部門の選手と監督が効果的な運動を紹介し、リフレッシュを呼び掛けている。

 巣ごもり生活が続くと、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなりがちだ。体がゆがめば凝りが抜けず、日常の何げない動作でも疲れがたまる。健康の第一歩は、正しい姿勢から。民間療法をヤマダ流にアレンジした運動で、健康的な姿勢に近づこう。

 森川賢一監督が勧めるのが四つの運動。背骨を伸ばしたり...    
<記事全文を読む>