群馬県の陸上の実業団、ヤマダ電機の女子中長距離部門の大黒柱、西原加純が入部10年目を迎えた。1万メートルで日本選手権2連覇や世界選手権出場を果たし、駅伝でもチームをけん引してきた。31歳を迎えたベテランは「年齢のことをよく言われるが、まだ進化できると思っている。何よりも走ることが楽しい」と尽きない意欲を口にし、東京五輪のトラック種目出場や将来のマラソン挑戦に意欲を示す。

◎五輪やマラソンに意欲
 仏教大卒業後の2011年に入社。1万メートルで14年から日本選手権2連覇、14年仁川アジア大会で8位に入り、15年に世界選手権に出場した。国体は16年まで成年女...    
<記事全文を読む>