レバンガ北海道を来季から率いる宮永雄太ヘッドコーチ(HC)が27日、オンラインで就任会見を開いた。B1富山と女子Wリーグの富士通でアシスタントコーチを経験したが、HC就任は初めて。札幌市出身の38歳は「地元でチャレンジできるのは光栄。新しいレバンガ北海道をつくりたい」と語った。

 目指すのは、ハードな守備から素早い攻撃につなげるバスケットボール。「外国籍選手など、誰かひとりに頼るスタイルで戦うつもりはない。どの選手にも期待している」と強調した。

 また、今季のレバンガについて「接戦を多く落としていた」と指摘。「練習から(戦術面の)ルールを明確にし、シーズン最初か...    
<記事全文を読む>