バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズは25日、今後の活動資金確保を目的としたクラウドファンディング(CF)を行うと発表した。目標金額は300万円で、6月上旬から同30日まで大手CFサイト「CAMPFIRE」で募る予定。

 熊本は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2019~20年シーズンが打ち切りになった影響で、今期の決算は数百万円の赤字になる見通し。20~21年シーズンのスポンサー契約も進まず、無観客試合になる可能性もあるため予算が立てにくい状況という。

 西井辰朗ゼネラルマネジャー(GM)は「予算の見通しが立たない中でチーム編成を迫られ...    
<記事全文を読む>