秋田県能代市が2012年に設置した「能代バスケミュージアム」が同市畠町から柳町の中心商店街へ移転し、6月1日に新装オープンする。高校バスケットボール界の強豪・能代工の活躍を伝える品々などを展示し、「バスケの街」を前面に出す同施設。移転を実現させた柳町商店街振興組合は「商店街の活性化につなげたい」と相乗効果を狙う。
 現在はJR能代駅から徒歩5分の場所にある。人通りが少なく、来館者は年間4300~4500人にとどまる。移転先の柳町商店街は市役所や商業施設とともに市街地を形成し、互いに誘客増が期待できる。
 同商店街振興組合は昨年から空き店舗を市に紹介するなどして移転を...    
<記事全文を読む>