新型コロナウイルス感染拡大の影響で困窮するひとり親家庭や子どもらの支援につなげようと、刈谷市が拠点のプロバスケットボールB1リーグ「シーホース三河」がネット上で寄付を募るクラウドファンディングを行っている。六月十九日まで。返礼品として、選手のサイン入りグッズなどを贈る。

 Bリーグは新型コロナの影響で今季のレギュラーシーズンを途中で打ち切った。シーホースでは例年開催している子ども向けバスケ教室やファンクラブイベントが開けず、交流の機会が減少。地域貢献の一環としてクラウドファンディング「笑顔を支えよう!地域を支える青援(せいえん)プロジェクト」を企画した。「青援」はメインチー...    
<記事全文を読む>