新型コロナウイルスの影響で、全国高校総体(インターハイ)や全国中学校体育大会などの中止が決まった。男子バスケットボールの川崎ブレイブサンダースで主将を務める篠山竜青(31)、女子バレーボールのNECレッドロケッツでプレーする古賀紗理那(23)も心を痛めている。中高生に、今だからこそ伝えたいメッセージがある。

 

 古賀 せっかく苦しい練習を乗り越えて、試合に出られるというチャンスをもらったのに、機会がなくなってしまうのは悔しいと思う。でも、苦しい練習をしてきたことはこれからの自分に一生残る。次の目標に向かって頑張ってほしい。

 篠...    
<記事全文を読む>