新型コロナウイルス感染拡大の影響に苦しむバスケットボール男子Bリーグで「今こそ」と支援に乗り出す企業がある。2部(B2)西宮(兵庫県)には4月以降、新規スポンサーが6社現れた。スポンサーには「高まってきたバスケット人気をここで途切れさせてはいけない」との思いがある。(藤村有希子)

 Bリーグが3月に打ち切られ、13試合を残して今季を終えた西宮。予定していた主催試合の入場料やグッズ販売収益などは得られず、主に小中学生対象のスクールも開校できないまま。売上損失は3千万円を超えた。

 そんな中、神戸市西区の金属加工会社、秋谷鉄工所は金銭面で支える「オフィシャルサポート...    
<記事全文を読む>