新型コロナウイルス感染拡大によりシーズン半ばで終了したバスケットボール男子Bリーグの表彰式最終日は10日、オンラインで実施され、最優秀選手(MVP)に田中大貴(A東京)が初めて選ばれた。

 長崎県出身の田中は今季39試合に出場し、1試合平均11・1得点をマークするなどコンスタントに活躍。今季東地区1位でB1全体でも最高勝率(・780)に輝いたチームの躍進に貢献した。

 守備力も評価されての受賞で、表彰式後のオンライン会見で田中は「すべてのことが高いレベルでできるようになりたいと思っているし、長所だと思うので評価してもらったのはうれしい」と語った。

 ...    
<記事全文を読む>