コート上だけが輝きを放つ場所ではない。バスケットボールB1横浜の田渡凌がツイッターで披露したエアロビクス動画に国内外のアスリートが反応し、再生回数は100万回を優に超えた。新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛が求められる中、大人から子どもまでが笑顔でまねる動画を会員制交流サイト(SNS)に投稿するなど反響を呼んでいる。

 50秒の動画「エアロビチャレンジ」は運動不足解消を狙って発案した。米国のコメディアンの動きをアレンジし、タンクトップなど白で統一した軽装で登場。小刻みにジャンプしながらバスケットボールを操りつつ、真顔でカメラ目線を貫くギャップが面白さを際立たせた。

...    
<記事全文を読む>