Jリーグの29日の再開日程発表を受け、J1清水エスパルスのクラモフスキー監督とMF中村が30日、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で取材に応じた。指揮官は「再スタートできることにわくわくしている」と述べ、7月4日の再開初戦へ意欲を燃やした。
 18日から複数のグループに分けた練習を始めて2週間。クラモフスキー監督は「選手たちは休止期間中もプロとして生活してくれた。良い練習ができている」と評価した。再開までの1カ月間で「攻守全ての部分をさらに伸ばしていく」とし、練習試合を数試合組む考えを明かした。
 中村は「試合が待ち遠しい」と笑顔。休止期間中は体力強化のメニュー...    
<記事全文を読む>