J1広島が練習の強度を上げた。走り込み中心から、ボールを使った練習へギアチェンジ。「素走りの疲れを取った上で、近いうちに対人プレーもできる状態」と城福監督。7月4日の公式戦再開が決まって一夜明けた30日の練習は、心地よい緊張感に包まれ、実戦モードへの階段を着実に上る。

...    
<記事全文を読む>