新型コロナウイルスの影響で2月末から中断していたサッカー・J1リーグが7月4日に再開されることが29日、決まった。サガン鳥栖の関係者は試合ができる喜びを胸に刻み、チーム、サポーター一丸となって戦う決意を新たにした。

 「年内再開はないかもしれないと思っていた。まずは再び試合が見られることを喜びたい」。サガンをゴール裏で後押しするサポーター団体代表の板山高大さん(36)は、待ちわびた再開を歓迎した。

 板山さんは、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われるほとんどのホーム戦に駆け付け、選手を鼓舞してきた。ただ、感染症対策で当面は無観客での試合となる。「ゴール裏から直接...    
<記事全文を読む>