2月下旬以降の公式戦が先送りされた今季、選手たちは異例のシーズンを戦うことになる。大きな変化の一つは週2試合のペースで連戦が続くとみられる過密日程。J1湘南の浮島監督は「全員が戦力になって乗り越えていけるチームに」と総力戦を見据える。

 連戦による選手の負担軽減のため、今季は特例措置として、リーグ戦再開後は1試合の交代枠を通常の3人から5人に増やす見込み。FC東京の長谷川監督は「(試合の)始めから飛ばしてくるチームが出てくるのではないか。非常にアグレッシブな試合が増えるだろう」と推測する。

 過密日程になれば「フィジカルコーチの腕が問われる」と強調するのはJ2松...    
<記事全文を読む>