リーグ戦再開の決定を受け、九州のJ1クラブの監督から決意や喜びの声が上がった。

 J1鳥栖の金明輝監督は「サポーターの皆さんに、サッカーを通じて元気や勇気を届けたい」と気持ちを高ぶらせた。当面は近隣クラブでの対戦で始まることについて「どの相手でも、自分たちがやるべきこと、準備することは変わらない。サッカーができなかった時間に選手たちはいろいろなことを感じている。皆さんと一丸となって戦いたい」と誓った。

 J1大分の片野坂知宏監督は「試合ができることを本当にうれしく思う。サッカーができることに感謝し、応援していただいている方の励みになる試合をしたい」とコメントした...    
<記事全文を読む>