女子サッカーチャレンジリーグの静岡SSUアスレジーナは26日、元日本代表でJ1の川崎や名古屋などで監督を務めた風間八宏氏(58)=清水商高出=がテクニカルアドバイザーに就任したと発表した。
 風間氏は現在、全国各地でサッカースクールや指導者講習会などを開催している。今後は週1回程度、アスレジーナの練習に顔を出し、指導する予定。
 クラブは今季、本田美登里監督が就任し、なでしこリーグ2部復帰を目指す。風間氏は「三浦哲治代表や本田監督とは旧知の仲で、新たな挑戦を少しでもサポートできればと思った。サッカーの楽しさや可能性を皆さんと共有していけたら」とクラブを通してコメント...    
<記事全文を読む>