新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除を受けて、三重県内スポーツチームで活動再開への動きが始まっている。25日にはサッカーの日本フットボールリーグ(JFL)所属の「鈴鹿ポイントゲッターズ」がトップチームの全体練習を約2カ月ぶりに実施。他チームも段階的に練習を始めている。

鈴鹿ポイントゲッターズは本拠地の鈴鹿市内で感染者が出た3月末に活動を休止。直後から検温を行うなど感染症対策を取り、4月下旬から個別練習を解禁。今月14日の三重県の緊急事態宣言解除、18日から市内運動施設が営業を再開したことなどから、チーム練習の再開に踏み切った。

選手らは検温や消毒を行った後、ラン...    
<記事全文を読む>