サッカーJ2松本山雅に所属する外国人選手の中には、新型コロナウイルスの影響で家族が来日できず、離れ離れの生活を余儀なくされている選手もいる。ブラジルに妻子を残すMFアルバロロドリゲス(26)は25日、「家族と暮らしながらサッカーをすることが理想。でも、今は練習に集中している」と話した。  松本市かりがねサッカー場での非公開練習後にオンラインで取材に応じた。母国に妻と息子、それに4月に生まれたばか …

...    
<記事全文を読む>