北海道コンサドーレ札幌のMF金子拓郎(22)がオンライン取材に応じ、在宅トレーニングでのパワーアップをアピールした。限界まで追い込み作り上げた肉体で、再開後のリーグ戦で存在感を示す。

 金子が寮での巣ごもりトレーニングで、肉体強化を実感した。

 自粛期間中は「外に出られない状況だったので寮の空き部屋で体幹や筋トレに重点を置いた。試合や練習がないので、次の日のことを考えずに追い込めた」と振り返る。筋肉痛を歓迎するほどストイックに鍛錬を重ね、戦う体を作り上げた。「(外で)動けていない不安もあるけど、体は強くなった」と手応え十分。「接触プレーは早くやりたい」と、ピッチ...    
<記事全文を読む>